Word→InDesign

以前から何度か書いてるネタですが、

WordデータをInDesignで読み込むと、スタイル類を読み込んでくれるのがすごく助かるんだけど、でもそのままだとなぜかうまく読み込めないスタイルがあって、

イタリック、太字のスタイルは消えてしまうし、ルビはうまくいかないし……

で何人ものスクリプターさんたちが色々やってくださってるわけですが、

Word文書の体裁(ルビ・文字飾り・脚注など)をInDesignに反映する

テルさんがマクロとスクリプトを使ってこれらを解決する方法を提示されています。

これだと、まずルビが抜け落ちない、イタリック・太字・脚注なども体裁を保ったままInDesignに持ってこられるので、Wordでイタリックとかルビとかがっつり作ってきてくれるお客様への対応が楽になります。なにより見落としがないのがいいよね!

上付下付とか、文字が小さいから作業者も校正者も見落とし怖いじゃん? 脚注の上付文字探すの超大変だし(>_<)

 

ところで、いくつかのマクロを使うようになっていますよね?

マクロを有効にしたテンプレートファイルを作って、それに全てのマクロを保存、Wordの立ち上げの時にそのテンプレートを自動で読み込むようにすると、少し楽になるかも?

マクロの保存場所をドキュメントにして、別名保存でマクロ有効テンプレート、.dotmとして保存します。

それをWordのスタートアップフォルダに保存。これで全ての文書で同じマクロを津喰うことが出来るようになります。

こちらに詳しいことが書いてあります。

| ワンポイント | comments(0) | - | pookmark |
書いてみた(ポリシー変更に関する連絡メール)

先日Adobeが大幅なユーザーポリシーの変更を行い、事前連絡も事後連絡もないので、業界をざわつかせているが、つまり、もしかして今もこの変更に気付いていないユーザーも多いのではなかろうか……というようなことを、何人かと話していた。

で、取引先も同じ業界ならともかく、色々と今までとは変えないといけないこともあり、説明をする必要があるよね、と。

 

というわけで、ポリシー変更に関しての連絡メールを書いてみた。

もちろん、自分がどの位置で仕事をしているかによって話が変わってくるので、新規作成なのか改定なのか微修正なのかとか、渡すのがネイティブデータなのかPDFなのかとかで、変えないといけない部分もあると思うけど、まずは大まかな説明だけしてみたので、よければ流用してやってくださいな。

 

 

 

続きを読む >>
| 日々つれづれ | comments(0) | - | pookmark |
春は勉強

先日「InDesignで正規表現」勉強会第一回目を開催できた。

正規表現は初めてという人が約1/3。残り2/3は自分で試行錯誤してる人たち。

初めての人たちには簡単に講習。試行錯誤してる人たちは、それぞれ困っていることなどを皆で一緒に考える感じで。

でもテーブルが3つに別れたため、それぞれのテーブルごとでバラバラになってしまったのはちょっともったいなかったな。次回以降はやりかたを考えよう。各テーブルで話し合い→話し合ったことを発表して全体で共有かつもっといい方法がないか検討→休憩はさんでループ、みたいな感じでもいいよね。

自分でガンガン書けてる人はいいけど、試行錯誤の人わりと多そうだし、できれば定期開催にしたい。

名古屋は私は参加できないけど、似たようなのをやってくれるようなので、そちらとも情報共有したい。

つまり、試行錯誤してる人たちが躓くところって、これから勉強する人がいずれ通る道だと思うのね。そういうのをまとめていきたいなぁと思ってる。

これこれこういう場合に、○○でいいと思ったけど、どうも上手くいかない→○△でどうだろう? ○×だと? ◎○でいけた!! みたいなのをね、積上げたいの。

そしてわざわざ「InDesignで」と銘打ってるのはなんでかというと、正規表現には色んな方言もあって、使用するエディターやプログラムによって多少の違いがあったりするらしいので、まずは、InDesignで使用する場合にって考えたからです。置換や正規表現スタイルは使わないともったいないし。InDesignで正規表現が使えるようになったら、多少違いがあることを分かった上で、他のアプリだとどうなるかは、それぞれ個別に試行錯誤すればいいと思うので。

東京では次回は秋くらいにやりたいなぁ。

 

今度Excel入門の講習もやります。こちらは少人数で、原稿整理や、見積もり、用紙代計算とか、DTPerにとって便利なんじゃないかな?というのをまとめて。話をしてて思ったよりExcelに苦手意識持ってる人が多かったので。

| 日々つれづれ | comments(0) | - | pookmark |
キーボード

毎日の仕事で、ここがこうだったらいいのになぁ、は沢山ある。

が、これがなんでないのかが不思議でしようがない。

 

 

こうして欲しいだけなのだ。カンマが! カンマが欲しいのです!!!

 

| 日々つれづれ | comments(0) | - | pookmark |
原稿のまとめかた

印刷所とかデザイナーとかに、印刷用のデータを作って貰うとき、原稿を渡しますよね。

よくあるのが、写真をワードやエクセルに貼り付けてくださる方。あれ、絶対止めた方がいいです。

オフィスに貼ってる段階で、元の写真ファイルが劣化してると思って下さい。

カメラで撮った写真なら、RAW(カメラメーカーによって拡張子は違う)やJPGがありますが、もしRAWデータがあるなら、JPGと同じファイル名のRAWも一緒に渡すのをお勧めします。スマホで撮ったものとか、JPG保存のみならJPGでOK。なるべく低圧縮高画質なものを。

文字原稿をワードやテキストなどで用意して、全部を1つのフォルダに集めておきます。

 

原稿フォルダ

|─P1385354.jpg

|─P1385438.jpg

|─P1385483.jpg

|─P1385527.jpg

|─わんこの一日.docx

|─ワンポイント.doc

|─今日のにゃんこ.doc
|─祭.txt

|─編集後記.docx

 

みたいなことになってる場合、まず担当者にメールで、記事の順番、どの写真がどの記事に対応してるのか、写真に説明文は不要なのかとか、確認しないと手をつけることすらできないのです。これ、作業に入るまでに下手すると何日もロスが出るかも知れない。

 

原稿フォルダ

|─01-1わんこ.docx

|─01-2にゃんこ.doc
|─01-1-1.jpg

|─01-2-1.jpg

|─02祭.txt

|─02-1.jpg

|─02-2.jpg

|─03ワンポイント.doc

|─04編集後記.docx

|─写真説明.docx

 

のように順番と対応する写真がわかるようになってると、すぐに着手できる。

写真説明には、

 

01-1-1.jpg

○○してるわんこ、超可愛い♪

01-2-1.jpg

今日は○○な気分?

……

のように、画像ファイル名と写真の下につけたい説明文とを並べます。

この場合、写真画像を貼る必要はないです。必ず、ファイル名を。

 

さて、上記のようにわかりやすいフォルダになったら、

フォルダを右クリック→圧縮→zip形式

1つのzipファイルができます。これをデータ作成をお願いする印刷所もしくはデザイン会社に送りましょう。

zipファイルを右クリック→プロパティ→サイズのところで○○MBとか、どのくらいのファイル容量かがわかるので、メールに添付するには重いようならストレージサービスを利用しましょう。

↓有名どころのストレージサービス

http://firestorage.jp/ 1ファイル約2ギガバイトまで。

https://gigafile.nu/ 1ファイル約10ギガバイトまで。

続きを読む >>
| ワンポイント | comments(0) | - | pookmark |
講習

「インデザインで正規表現」は勉強会、皆で課題持ちより、皆で教え合ったり話し合ったりする感じ……でやりたいなと思ってます。こちらも不定期でも何回かやってみたいなぁ。こっちは、勉強会、なのでなるべく値段抑えて、と考えております。

 

で、インデザインそのものが苦手、とかこれから覚えたいって人向けの、ハンズオン。

これは人数絞らないとだし、ある程度値段も上がってしまうと思うの。

0からはじめるインデザイン、てことで、段落スタイル、文字スタイル、マスターページの作り方、考え方を。5人くらい集まれば多少値段も抑えられるかなぁ。

その後の部分は、実務でやりたいことに即して教えます。こっちは5人もいたら、それぞれのやりたいことは少しずつになっちゃうね、1人か2人……だろうなぁ。

 

というわけで、0からはじめるインデザインハンズオンは、人数集まり次第ww

インデザイン実務編は、スケジュールが合えばいつでも。

まずは問い合わせてみてください。

 

Twitter @hinatakobo

mail インフォあっとまーくhinatakobo.com

| お知らせ | comments(0) | - | pookmark |
いつもありがとう! スクリプターの人たち!!

いつもありがたく使わせて頂いているんだけど、

特に特にこれがなかったら仕事が、倍は言い過ぎだけど、もっと時間かかってたと思う、時短の味方たち。

 

 

左のは、検索置換のクエリ入れ替えby Yusukeさん

真ん中のはスペース(その他)挿入by あぢさん

右上が選択範囲を括弧類で囲ってくれるby 今関さん

たけうちとおるさんのルビと一括検索置換

お〜まちさんのopen_the_indd

 

これらがないと仕事がなりたちません。

ほんと、いつもありがとうございます!

| 日々つれづれ | comments(0) | - | pookmark |
グラフを作る前に

グラフを作る場合、DTP界隈だとお客様から数値支給されて、それをグラフ化すると思う。

で、じゃあその数値をそのまま入力すれば求めるグラフになるか? というと、そうではないことが多い。

 

 

例えば。

株価関係だと、高安、始値終値などだと、まずはExcelで使用する数値を求めるところからだ。

上記などは積上げグラフになるから、

まずは高安の場合、安値はそのままでいいが、高値は安値の上に積み上がるから……つまり高値−安値を求める必要がある。

これはまぁ簡単。

A列が高値 B列が安値として入稿されたとしたら、逆だったらコピペで安値を高値の右側の列にもってくる。

C(安値の左列)1に「=A(高値の列)1-B(安値の列)1」と入れて、セル選択したらセル右下を掴んで下にドラッグすればいい。

C2に「=A2-B2」〜となっていたら完成だ。

あとはイラレストーター側のグラフデータに、B、Cをコピーペーストすればいい。

できたグラフの安値の部分を塗り、線ともになしにする。

これは、白い矢印+(グループ選択ツール)でWクリックすれば同じ属性が一度に選択されるのでうまく使おう。

 

始値終値が面倒ww

まず、どっちが高いか判定して、

安い方、高い方-安い方(始値が高い場合)、高い方-安い方(終値が高い場合)とする。

始値A、終値Bとして支給されたとして、

C1に「=if(A1>B1,B1,A1)」これでどっちか安い方が自動入力される。

D1に「=fi(A1>B1,A1-B1,"")」

E1に「=fi(A1<B1,B1-A1,"")」

2行目以降も同様に入るようにして、C、D、E列をグラフデータにコピーペーストする。

こちらも一番下を塗り、線をなしにする。んで始値が高い場合は値下がりの色、終値が高い場合は値上がりの色にする。

値上がりの色は塗りを白、値下がりを「色」の塗りにして、1色で見せることが多いかなぁ。たまに値下がりの色を他の色にするってこともなくはないけど、珍しいかも。

| ワンポイント | comments(0) | - | pookmark |
寒い日が続くようになりました。

秋にテニス観戦月間でお休みをいただいているので、色々ご迷惑をおかけしているかと思いますが、通常運転に戻りました。

そして、CC2019のインストール祭が先日ありました。まだあまり触れていませんが、新しい機能も色々あるみたいで、楽しみです。メインで使ってるのはもう少し古いバージョンですが、だからといって新しいバージョンを触れないのでは困るので、こういう時期に勉強を重ねておかねば。

勉強会やセミナーも、新バージョン対応のモノが色々あるので、この時期はそれらにも貪欲にでないと、情報に乗り遅れると、すなわき技術的にも取り残されてしまいますからね。きちんと色々勉強した上で「こんなこともできますよ?」と少しずつでも提案してよりよいデータを作っていきたいと思ってます。

昔自分で作ったデータとかも……古いのはホント恥ずかしいデータばかりです。少しは成長してるってことね!www

 

さて、そんな私の主な仕事というのは、

新規での印刷物データ作成、デザインデータ支給でのデータ整理・組版、などをやります。冊子、パンフ、チラシ、名刺、ハガキ、封筒、帳票類、まぁ紙に印刷するものならたいていのモノは作ってます。手が早いです。でも校正は苦手です。

また、シナリオライティング、リライトなどもやっています。でもタイトルセンスはないです。

というわけで、お仕事も募集中です。よろしくお願いします。単発も定期案件も、まずはご相談ください。

| 日々つれづれ | comments(0) | - | pookmark |
WordとInDesign

相変わらずWordとInDesignの連携に惑わされる日々。

普段使っているwindows版のWord+InDesignでは特に問題はでてないんだけど、たまーーーーにある、Mac版を使うと色々と予期せぬ出来事が。

拡張ラテンに入っている、uの上にバーがついた文字とかが、化けてるΣ( ̄□ ̄;)

 

というわけで検証。脚注やルビが入っている場合を想定してrtfに書き出すところから。

Mac版、Win版ともに、Wordからrtfへの書き出しには問題なさそう。ルビも脚注もついてくる。太字とイタリックはInDesignに配置するときに消えてしまうので、Wordで下処理必須。

どっちのrtfもこの段階ではきちんと拡張ラテン文字も化けずに表示されてる。

 

Mac版InDesignに、Mac版Wordから書きだしたrtf、Win版Wordから書きだしたrtfをそれぞれ配置。

ここで拡張ラテンが化ける。全然違う文字に置き換わってしまう。

いくつかの環境で試してもらったけど、ダメぽい。これはたぶん文字っこの分野なので、後日機会があったら誰かに聞いてみよう。

 

Win版InDesignに、Mac版Wordから書きだしたrtf、Win版Wordから書きだしたrtfをそれぞれ配置。

これはどっちもきちんと拡張ラテンも表示される。

 

ルビや脚注やその他いろいろWord側で作り込んである場合、やはり配置で持ってこられたらそのほうがいいよね。txtにして、属性全部なくしてしまうのはもったいないし二度手間だもの。

でも豆腐になるならともかく、違う文字に置き換わるとか、ルビが親文字ごと消えるとかは超怖いので、なんとか安全な方法を見つけたいですよ。

 

※追記

大石さん情報で、Mac版InDesignに、UTF-16で書きだしたtxtを配置した場合には拡張ラテンも化けなかったとのこと。

| 忘備録 | comments(0) | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

CATEGORIES

SELECTED ENTRIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

PROFILE

SEARCH

MOBILE

qrcode